引きこもり、家庭内暴力、離婚・不倫問題、夫婦間修復相談に対応しています。

夫婦・家族問題解決相談室

家族問題専門カウンセラー・浅川馨一朗

092-411-5535

直通電話

09086683944

ストーカー対策サービス

ストーカー対策サービス

ストーカー行為への法的対抗サービス

再婚しようとしているのに、元夫からストーカー行為を受けています。

離婚問題解決をメインとする当事務所には、時々このようなご相談を受けるときがあります。


ストーカーに不愉快な思いをさせられる日々、そんな毎日はいやですよね。
ストーカーは、年齢、性別、場所を問いません。
いつ事件に巻き込まれるのか、その可能性は誰にもあります。

私と彼のデート内容をくわしく書いた手紙が来たんです。気持ち悪くて・・・ 

                              (20代女性)


以前付き合っていた男性がしつこく復縁を迫ってくると娘から電話があったので心配で・・・                          (60代女性)



同僚だった年下の男性から言い寄られて困っています。助けてください。

                              (50代女性)


【ストーカーは犯罪行為であり、重大な人権侵害です。】 


次はどんなことをされるかと思うと不安で眠れない、玄関で物音がしただけでも震えがとまらない・・・

最近ではストーカー事件が殺人などの重大事件に発展する場合もあり、報道でも取り上げられています。

 

大切なことなので何度も申し上げます。

ストーカーは犯罪行為です。

しかし、犯罪行為だと認識せず、自分勝手な思い込みで行動する者が存在するのも事実です。


「ふとした出来心で・・・」

「そんなに苦しんでいるとは思わなかった。」

そんなことを言うストーカーもいました。

ストーカー被害者の中には、心に深い傷を負い苦しんでいる人がほとんどです。
 

★ストーカー防止サービス

当事務所では、現場に行ってストーカー行為をやめさせたり、警告書を渡して二度としないように約束してもらう、警察を呼んでストーカーの身柄を引き渡すなどのサービスを行っています。(行政書士の職域ではないので、個人のグループとして行っています。)

 

★警告書(内容証明原案作成)サービス

相手の行為は犯罪であり、これ以上の行為は迷惑であること、中止してほしいこと、警察への告訴をすることなどを、内容証明で相手に通告します。

 

★告訴状作成サービス

相手の好意を警察に告訴して処罰してもらうための書類です。お客様がご希望でしたら、当事務所代表行政書士が警察署に同行いたします。

 

★料金について

ストーカー行為の内容、お客様のリクエスト(現場でストーカー行為を制止してほしい、警告書をストーカーに渡し二度としないように言ってほしい、警察にストーカーを引き渡してほしい、告訴状を作成してほしい、など)によって料金が違います。

行政書士業務料金とは別体系になりますので、事前にご相談のうえ見積書を提出させていただきます。

 

 

「なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか?」

浅川馨一朗著 A4版94ページ

 

元結婚相手、元交際相手が、ストーカーになってつきまとう事件があります。

当事務所が開業以来、離婚事件の依頼を受ける中で経験したストーカーの手口を冊子にまとめました。


防犯知識としてお役に立てていただけたらと思い、ご希望の方に販売いたしております。


※ご注意

数秒で相手のマンション部屋番号を特定したストーカーの手口など、かなり衝撃的な内容が含まれています。

 

◆内容のご紹介

第1章  ストーカーの情報収集方法と対策

第2章  なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか?

第3章  知らない人が自分の家族構成や実家を知っている!その方法とは

第4章  性犯罪者は、あなたの情報をここから得ている

第5章  病歴…一番知られたくない個人情報が漏れてしまった その方法とは

第6章  表札出していないのに、なぜ住んでいる部屋がわかるの?

数秒でマンションの部屋を特定する現場実験写真つき

第7章  監視されているかもしれない…ストーカーからの危険なサイン

部屋に何人いるかもわかってしまうストーカーの手口

第8章  アンケート、懸賞など、あなたの個人情報管理は大丈夫ですか

第9章  現場レポート 割り切れない恋愛感情

第10章  警察に相談するときの注意点

第11章  読者への提言

 

※ご購入要綱※

商品名「なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか?」 

浅川馨一朗著 A4版94ページ

ご購入価格は9800円です。

当事務所ストーカー対策冊子販売

商品お届けについて

お申込み

お申込みは、当相談室ショッピングカート(インフォカート)からお申込みいただけます。

※お申込みはこちらをクリック※⇩⇩

なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか。

お支払いは、銀行振り込み、もしくはクレジットカードでのお支払いとなります。

商品のご発送

ご入金確認後、1~2営業日以内に当事務所から「なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか」印刷版をレターパックにて発送いたします。

※発送料金は、購入代金に含まれます。

もしくは、お客様のパソコンメールアドレスに添付メール(PDF形式)にて送信いたします。※フリーメール受信設定を許可にお願いいたします。

 

Menu

彼氏と別れたい貴女へ

交際解消を希望する女性を対象としたサービスのご説明です。

交際解消のご相談

当事務所へのご相談をご希望の女性はこちらです。

交際解消サービスの流れ

交際解消をご希望の女性に対するサービスの流れをご説明いたします。

交際解消サービスお申込み

交際解消サービスをお申込みご希望の女性はこちらです。

ストーカー対策サービス

ストーカー行為等犯罪行為からお客様を守るサービスです。

当事務所ご紹介

お客様の権利義務、事実証明に関する書類の作成、相談をしています。

当事務所「なぜ、ストーカーは引っ越しても追いかけてくるのか」に関する特商法表記

    特 商 法 表 記

■ 屋号 行政書士 浅川馨一朗 事務所

■ 運営統括責任者   浅川馨一朗

■ 所属団体   福岡県行政書士会会員            

  日本行政書士会連合会 

  登録番号 第00409013

  福岡県行政書士会    

  会員番号 第00002

■ 所在地  

  福岡県福岡市博多区博多駅前四丁目

  24-20 グロリアス博多 802号

■ 電話番号 092-411-5535

       090-8668-3944 

■ メールアドレス 

  solicitor2010@@yahoo.co.jp

  ご送信の際は、@をひとつ除去してください。

■ 営業時間 

  10:00 ~ 22:00

■ サービス価格 本サイトに掲載

■ お支払い方法 銀行振込 クレジット決済

■ ご注文方法 フォーム

■ 商品代金以外の経費

      銀行振り込みの場合は、お振込み手数料

  クレジットの分割決済をご選択頂いた場合は分割手数料がかかります。

■  商品引き渡し時期・方法

    決済完了後、1~2営業日以内に配送します。 

■ 返金 お客様ご都合でのご返金には応じておりません。

■ キャンセル  ご購入者様都合でのキャンセルには対応ができません。

■ 表現および商品に関する注意書き

  本商品に示された表現や再現性には個人差があり、必ずしも

  利益や効果を保証したものではございません。

■ ご同意事項

      ご相談・お問い合わせ・ご依頼を頂いた場合はすべて本ホームページの

  記載をご承諾ご同意いただいたものとします。

  

免 責 事 項

  当サイトが提供する情報に関しては万全を期しておりますが、内容を保証するものではありません。法令改正等により文章・内容等が不適切になる場合がありますのでその旨ご承知ください。万が一これらの情報を使用したことにより損害を被った場合においても、当事務所では一切責任を負いかねます。情報を利用しての最終判断はご自身の判断でなさいますようお願い致します。また、当事務所作成書類の効果は、これを100%保証するものではありません。


ご 注 意 事 項

■ 行政書士は、他の法律で禁止されていることをすることができません。たとえば、示談交渉や裁判手続きなど弁護士法で定められていること、不動産登記など司法書士法で定められていることは、当事務所ではお引き受けできません。その場合、当事務所提携の弁護士、司法書士を当事務所の判断によりご紹介することができますので、ご相談ください。

 

個人情報保護表記

■ 当サイトで得られる個人情報は、厳正に管理するよう努めます。第三者・他業者等に情報の開示情報を提供することはありません。

■ 依頼の内容、依頼の有無、取引実績等に関し第三者から問い合わせがございましても一切お答えできません。

■ 当事務所では、原則として個人情報を開示することはありません。個人情報を正確な状態で管理するように努めてまいります。しかし、例外として下記の場合には個人情報を開示することがあります。

1.裁判所、警察署の公的機関から法的に正当な情報開示依頼を受けた場合 

2.当事務所の権利保全の必要が生じた場合 

3.手続き上またはご依頼を受けた業務を遂行する上で他の専門家などに業務の一部または全部を依頼する必要がある場合

サイドメニュー